×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フィンランドのポケット時刻表

2014(平成26)年02月調査
2013(平成25)年08月調査

フィンランドの鉄道は、VRが国内各地を結ぶ路線網を運営しています。
一方、首都ヘルシンキではヘルシンキ市交通局(Helsingin kaupungin liikennelaitos:HKL:HST)がメトロおよびトラムを運行しています。

VR

VR車両 日本でのJRに当たる会社で、フィンランド国内の主要都市間を結んでいます。
ポケ時はヘルシンキ中央駅に系統別に10種類以上置いてありました。
フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語であり、ポケ時にもこの2カ国の表示があります。
同じ都市でも呼び方が変わることがあり、例えば首都のヘルシンキ(Helsinki)はフィンランド語の呼び方であり、スウェーデン語ではヘルシンフォルス(Helsingfors)となります。

ヘルシンキ~ケミ、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日
ヘルシンキ~ケミ、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日
▲ヘルシンキ~ケミ~コラリ/ケミヤルヴィ、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日、両面
首都ヘルシンキ(Helsinki/Helsingfors)からコラリ(Kolari)やケミヤルヴィ(Kemijärvi)まで南北に結ぶ幹線の時刻表です。
その途中にはフィンランド北部の主要都市ロヴァニエミ(Rovaniemi)が含まれています。
長距離路線のポケ時には表紙に路線図があり、どこの時刻表か分かりやすくなっています。

ヘルシンキ~サンクトペテルブルク、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日ヘルシンキ~サンクトペテルブルク、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日
▲ヘルシンキ~サンクトペテルブルク~モスクワ、2013(平成25)年10月27日~2014(平成26)年3月29日、両面
フィンランドとロシアを結ぶ国際列車の時刻表です。
ヘルシンキ~サンクトペテルブルク間を結ぶ高速列車アレグロ(ALLEGRO)号と、ヘルシンキ~モスクワ間を結ぶ夜行列車トルストイ(TOLSTOI)号が掲載されています。
フィンランド語でもロシア語でもなく、英語表記になっているのがおもしろいところです。

ヘルシンキ~ティックリラ、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日
ヘルシンキ~ティックリラ、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日
▲ヘルシンキ~ティックリラ、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日、両面
ヘルシンキ近郊列車の時刻表はヘルシンキ中央駅と掲載駅との2駅の駅別時刻表を並べたものとなります。
主要駅のものが用意されているようです。
2駅掲載とはいえ、海外でこのような駅別時刻表を配布するのは珍しく思います。
それにしてもTikkurila(フィンランド語)とDickursby(スウェーデン語)が同じ駅を指すとは・・・難しいですねえ。

ヘルシンキ市交通局(HKL)

ヘルシンキトラム車両 ヘルシンキのトラムおよびメトロを運行しています。
トラム車内にてポケット時刻表を配布していました。
時刻表は運行を行うヘルシンキ市交通局(HKL)ではなく、運営を行うヘルシンキ地域交通局(HSL)が制作しているようで、ポケ時はHSLの表記となっています。
メトロは車内で時刻表は見当たらす、案内所は筆者が訪れた際に営業時間外だったため存在は不明です。

ヘルシンキトラム1系統、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日ヘルシンキトラム1系統、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日
▲ヘルシンキトラム1、1A系統、2013(平成25)年8月12日~2014(平成26)年6月15日、両面
路線図と両端の駅の時刻表を載せているようです。
この1、1A系統は平日のみの運転のため、土曜休日の時刻欄はありません。


メニュー